7thシングル『キスしながらごめんね』Pre-add/Pre-seve 開始!

更新日:9月21日



2022年9月28日(水)より近視のサエ子 7th シングル『キスしながらごめんね』配信開始!


2022年はポセイドン・石川やAATAとのコラボレーション作品を続々と発表し、「New Music Wednesday」「キラキラポップジャパン」「シティポップの今」「lute selection」などの数々の公式プレイリストにキュレーションされてきた近視のサエ子。

今作は近年過去作がポニーキャニオンやエイベックスなどから続々と再リリースされ話題になっているKei Matsuura がプロデュース。

「会えなくなった大切な人への想い」を独特のワードチョイスで哀しげに歌う。前作に引き続き"クセになる"歌謡曲調シティポップ。



 

サエ子がAI画像生成サービス「Midjourney」を使って構想したイメージを、イラストレーター・坂野りんこ が描き下ろし。


サエ子の本作への思い入れの強さが仇となり、ジャケットやMVの制作が思うように行かず苦しんでいた最中、AI画像生成サービス「Midjourney」を知る。


「Midjourney」を使い「

A girl who walks alone in the middle of the night. it's raining. A cat is lying on the other side of the intersection / 深夜にひとりで散歩をする少女。雨が降っている。交差点の向こうに猫が寝そべっている」「Monochrome girl sadly sitting on a chair and holding a kitten / 悲しげに椅子に座り子猫を抱くモノクロの少女」と2つのアイデアをAIに依頼した。このうち1枚をMVに、もう1枚をジャケットイメージの元アイデアにした。





サエ子 イメージ制作について「自分だけでは発想できなかったであろう新領域を開拓」


最初はAIに抵抗がありました。

実際に使ってみると、自分で思いつくアイデアとは良い意味で全く違うものが出てきて新鮮でした。最終段階まで「Midjourney」を使うことも考えましたが、細かな指示を英語で出すのがとても難しかったため、前作『あなたが課金しないなら』でも描いていただいた 坂野りんこ さんに、「Midjourney」が出したアイデアをもとに描きおろしていただきました。


MVは初の全編Adobeストックで構成しています。ありもの素材を繋ぐのは初の試みで、こちらも自分だけでは発想できなかったであろう新領域を開拓できました。壮大なAIのお別れストーリーです。配信開始日に公開予定ですのでご期待ください。





2022年9月28日 デジタルリリース

『キスしながらごめんね』近視のサエ子 クレジット


Music & Chorus & Vocal & Lyrics : 近視のサエ子

Produce & Compose & All instruments : Kei Matsuura

Recording Engineer : Ayuki Sodegami Illustration by Linco Sakano